一覧に戻る

写真を撮るだけで、食材・食事の量を認識して食事アドバイス

プレスリリース 2018.7.9

「カラダかわるNavi forスポーツクラブ」が
AI食事画像認識機能を搭載して大幅アップデート

 株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下「当社」)は、株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長執行役員:吉田正昭、以下「ルネサンス」)に導入されているスポーツクラブ会員向け健康アドバイスアプリ「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」に新機能を追加、2018年7月9日(月)よりアップデートすることをお知らせします。
 今回のアップデートでは、人工知能(AI)技術を活用し、写真を撮るだけで食材認識・食事の量認識を行う日本初※の機能が搭載され、利用者の手間を省いた「写真を撮るだけで食事アドバイス」を実現しました。
(※ヘルスケアモバイルアプリで日本初 当社調べ)


画像01
画像02

1.「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」について

 当社は全国で約9,000名を超える管理栄養士・栄養士のネットワークをもと、「専門家が身近にいて健康をサポートする世界」の実現を目指すヘルステックベンチャーです。食を中心とした健康アドバイス事業、健康情報の発信事業に取り組んでいます。
 「カラダかわる Navi for スポーツクラブ」はスポーツクラブ会員を対象にした健康アドバイスアプリです。本年2018年1月よりルネサンスに導入されています。
 サービス提供以降、利用者数は50,000名を超え、多数のルネサンスのフィットネス会員にご利用いただいています。またアプリの機能を用いてCRMツールとしての活用も展開しています。

2.「カラダかわるNavi」の新機能について

今回のアップデートでは、人工知能(AI)の活用で、より簡単にライフログを収集できるようになりました。
●日本初の「写真を撮るだけで食事アドバイス」
 AI画像認識により、食事の写真を撮るだけでメニューや食材、食事の量を自動認識してアドバイスを提供する「写真を撮るだけでアドバイス」を実現しました。本機能は、いずれも日本初のA)食材の自動認識、B)食事量の自動認識、C)画像に対する自動アドバイスの、3つの機能を組み合わせる形で実現しました。A)食材の自動認識、B)食事量の自動認識についてはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社との共同開発により実現、C)画像に対する自動アドバイスに関しては当社独自開発の機能となります。
画像3
<「写真を撮るだけで食事アドバイス」の利用イメージ>

画像4
<「写真を撮るだけで食事アドバイス」の新・技術>


3.今後のアップデート予定について

今後もさらなる利用者の満足度向上のため、アップデートを予定しています。
●ランキング・イベント機能
 クラブ毎、あるいはルネサンス全クラブにて、歩数やBMI、健康スコアなどのランキングをチーム対抗で競い合う機能です。週一回、ランキング結果が配信され、利用者のモチベーションアップ、健康意識の啓発につながります。

<参考>
「カラダかわるNavi forスポーツクラブ」の従来の主な特徴について
  1. アルゴリズム&AIによる自動アドバイス
    アプリに食事を記録すると独自のアルゴリズム&AIにより、カロリー計算、栄養バランスの評価を始め、約3,000万通り以上のアドバイスから、その方に合う食事の改善点や次の食事の提案がリアルタイムで自動提供されます。
  2. アプリ利用者の継続をサポートする仕組み
    行動経済学の視点からアプリの継続利用や利用者の行動を変容するような仕掛けを随所に盛り込んでいます。
  3. クラブでの運動、毎日の運動をしっかり管理
    スポーツクラブ内で参加したスタジオプログラム・実施したトレーニングが記録できます。また、日常で行う軽い運動からランニングなど、すべての運動をアプリに登録して管理することができます。スポーツクラブからのおすすめトレーニングメニューも配信されます。
  4. スポーツクラブの会員情報との連携
    アプリとクラブとの会員情報を連携させることで、会員分析・生活習慣動向の分析を行い、より会員のニーズにあったトレーニングメニューの提案やアドバイスを提供します。その他にも運動継続促進や健康意識啓蒙のためのメッセージ機能や会員の利用動向を組織的に分析できる管理画面など、充実した管理機能を備えています。
    ●ルネサンスでの「カラダかわるNavi forスポーツクラブ」説明WEBサイト
     ⇒https://www.s-re.jp/program/karanavi/

《本件に関するお問い合わせ先》

お問い合わせ先:株式会社リンクアンドコミュニケーション
※お問い合わせはコチラよりお問い合わせください。
一覧に戻る